売り物件・考察トップへ

【考察】 時間軸を見直す(南海トラフ地震想定から)

2012年4月2日 10:45

『南海トラフ地震』による新被害想定が発表されました。

これにより、私たちは、自分自身や家族の命をどう守るのかを考えつつ、

また、今の生活をどのように守ってゆくのかを考えつつ、一般的には、

一番大きな資産であろう 『不動産』 の所有形態を考えて行かなければ

ならなくなりました。

 

努力により形成された資産をどのように子孫に残すのか。

それが不動産であった場合、5年先、10年先だけではなく、もっと先を

見越して所有形態を考えなければならなくなりました。

 

新被害想定に対する受けとめ方にもよりますが、これまで我々が考えて

いた時間軸、特に『不動産を所有する』ということに対する時間軸は、

今後明らかに、少しずつ変化して行くものと考えています。

 

とにかく被害を受けてはならない公共機関の所在についてですが、

急には無理ですが、少しずつ、その位置を安全な場所へ移設する

という方向性にならざるを得ません。

50年かかるのか、100年かかるのかも分かりません。

ですが、被害想定が公式発表であるが故に、その想定された被害が

実際に起こるかどうかは全く別問題として、公共機関はその動きを

しなければならないはずです。

 

公共機関の所在が移るということになれば、これはもう、街のそものが

移動することを意味します。

地価は、様々な要因で形成されているはずですが、まず、人が多く集まり、

そして商業性が高くなる場所の地価は高く、そして、その商業性の高い

場所に対して、ほど良い距離で、良好な住環境を保つことができる住宅地

の地価は高いものです。

 

明治時代に首都圏に土地を持っていた人と、地方に土地を持っていた人、

時代の変化と共に、この100年で資産の差は大きくなったはずです。

これからの100年、ひょっとしたら、そんな大きな地価分布地図の変化が

起きるようにも思えてなりません。